タグ:陶ISM ( 13 ) タグの人気記事
陶ISM「つながる想い」展@静岡・D&DEPARTMENT
2011年11月23日(水・祝)〜12月5日(土)まで開催です。当初二階堂の個展が予定されていましたが、諸事情により陶ISMグループ展に変更となりました。静岡在住の作家も参加します。付近の皆さま、ご来場よろしくお願いします。くわしくはこちら
c0217735_120741.jpg

[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2011-11-21 01:20 | 展覧会情報
春の益子陶器市2011
c0217735_15434229.jpg
春の益子陶器市2011は本日5月5日で終了です。
二階堂明弘もブースを出店しています。
先日フラリと出かけたら、傍らには奥さんと赤ちゃんの姿。
ルーサイトギャラリーで会った時より、表情に精彩がありました。
安心しました。よかったです。



c0217735_15442251.jpg
やむなく制作休止中のため、
「工房に眠っていた」(本人談)旧作主体の販売となりました。
常に新しいスタイルや技法を追究する気鋭にとって、
昔つくった作品にはあまりこだわりがないのかもしれないけれど、
地元・益子土へのこだわりが二階堂の美点ではあります。
何気なく放置されていた土器的うつわの、泥まみれな風情にそそられる。
思わず一つ二つ三つ四つ……買い求めました。



c0217735_15445473.jpg
工房再建にはまだまだ苦難が続きそうですが、
実行委員長を務める〈陶ISM〉は、すでにいくつかの催しが決定済み。
詳しくは公式サイトをご覧ください。
復活に燃える二階堂をよろしくお願いします。



c0217735_15454946.jpg

c0217735_15452673.jpg
c0217735_15474311.jpg
c0217735_1546293.jpg

[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2011-05-05 15:41 | 展覧会情報
ご心配いただきありがとうございました
*二階堂の現状と今後の予定について、一部修正させていただきます。作品は一部破損を免れました。4月17日より、浅草橋・ルーサイトギャラリーにて、グループ展を開きます。詳細は改めて。ご来場お待ちしております。


c0217735_3333473.jpg
はなはだ僭越ながら、この度の震災で被害を受けた皆様に深くお見舞い申し上げます。一日も早い復興を心よりお祈りしております。二階堂明弘の拠点・栃木県益子町も大きな打撃を受けました。人間国宝・濱田庄司の益子参考館はじめ、町内に約40基ある登り窯の大半が損壊。陶器販売店や陶房の建物損壊、商品・作品の破損多数。被害額は日に日に増えているとも聞きます。



c0217735_3334735.jpg
陶芸家たちの多くは制作どころでなく、瓦礫の片づけや、被害がより甚大な僚友たちのサポートに追われているとのこと。二階堂も被災を免れませんでした。自宅も工房も激しく損壊。もはや再建不能。作品はほぼ全損。幸いにも地震前に転居が決まっていたため、現在はそちらでどうにか生活しています。妻子とは離ればなれのまま。制作再開のメドは未だ立っておりません。



c0217735_334242.jpg
昨日送られてきた画像によって、被害の実状を初めてかいま見ました。家がやられたと聞かされていても、ここまでひどいとは正直想像していませんでした。東京で暮らす身には、なんだかんだと対岸の火事。電車が通常どおり動かない、節電で街が暗い、生活ツールが品不足などと云っても、さしたる痛痒はありません。益子よりさらにダメージを受けた地域の窮状は想像を絶するばかりです。



c0217735_3341628.jpg
二階堂が実行委員長を務める益子の若手陶芸家プロジェクト〈陶ISM〉は、今月予定されていたイベント中止のやむなきに至りました。メンバーたちは〈リビルド益子〉を組織、町の復旧に協力しつつ、再始動に向けて懸命の努力を続けております。茶の湯チャリティー「LOVE」など、〈陶ISM〉協力者による支援活動も動き始めました。関心を持っていただけたらありがたく存じます。



c0217735_3345613.jpg
「東北の人たちのように、命まで奪われたわけではない。生活の術が一切断たれたわけでもない。まずは自分たちの力で立ち上がるしかない。制作を再開できた時こそ、助けてくれる人たちがいてほしい」(二階堂)。売り上げをすべて渡すから、個展をやらないか。あるギャラリーのオーナーからオファーを受けたそうですが、いまの二階堂にはある意味酷な話。再起をじっと見守りつつ、励ましつつ、先々の活動に協力する。そういう「善意」も必要かと。



c0217735_3351049.jpg
今夏、都内の百貨店で〈陶ISM〉展が開催予定です。この催しを復活の狼煙としたい。作家として、プロジェクトのリーダーとして、執念を燃やす二階堂。辛いのは彼ばかりでないにせよ、俊英の捲土重来をぜひとも応援してください。本人になり代わりまして、平にお願いしておきます。
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2011-03-28 10:54 | ニュース
「Twelve’s」 from 陶ISM
c0217735_0505053.jpg



全国の若手陶芸家と、ショップ、一般の方々を繋げ、
これからの陶芸界を盛り上げていく場所として、
若手陶芸家が自ら企画・運営を行う活動「陶ISM」。

二階堂明弘は実行委員長として「陶ISM」の立ち上げから、
2010 年3月の「陶ISM2010」イベント実施、スピンオフ企画まで、
様々な形で陶芸シーンを盛り上げる活動をしてきました。

この度、若手陶芸家の祭典「陶ISM」の中から、
次代を担う選りすぐりの作家12名が、東京ど真ん中の麻布十番に集合。
力作にて競演を行います。

本年も3月に益子で開催される「陶ISM2011」を前に、
東京に「陶ISM」をプレビューする展示会として、
「Twelve’s」 from 陶ISM が始まります。


<会期>

2011年2月23日(水)~2月28日(月) *毎週火曜日休廊
Open : 11:00-19:00 *最終日 17:00 迄 
オープニングパーティー 2月23日(水) 18:00~20:00

<参加作家>

二階堂明弘  栗谷昌克  安達健   岡井翼
兼行誠吾   栢野紀文  金理有   庄司千晶  
鈴木陽子   水垣千悦  村上祐仁  吉川友野

<会場>

Azabujūban Gallery
〒106-0045 港区麻布十番 1-7-2 エスポアール麻布 102
http://azabujuban-gallery.com/index.htmlTel & Fax : 03-5411-3900
Mail : azabujuban@m7.gyao.ne.jp
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2011-02-22 00:51 | 展覧会情報
Kの選択 陶ISM最終日・くらしな展
吉祥寺の3つのギャラリーで好評開催中の「Kの選択」。

二階堂明弘が実行委員長を務める、
陶ISMの東京展「陶ISM 東京 2010」は、いよいよ本日まで。

c0217735_11403940.jpg


全国の若手陶芸家が一同に会するこの展示、
取り扱い作家チェックということで、ギャラリーや陶器展の方、
百貨店のバイヤーさんもチラホラ。

若い世代の新しい発想が、陶芸界を更に発展させていく。
当たり前のことですが、「陶ISM 東京 2010」は、
それを実感できる展示会だと思います。

c0217735_11374450.jpg


二階堂明弘の作品は、ギャラリー poooL で行われている
「くらしな展」で、ご覧いただけます。

c0217735_11363493.jpg


茶碗をはじめとして、酒器、食器、花器と、定番物から新作まで、
他のセレクト作家さんの作品と一緒に展示されています。

c0217735_1137591.jpg


「くらしな展」は8月18日(日)まで。

c0217735_1138231.jpg


c0217735_11384678.jpg


まだまだ良作が残っていますので、吉祥寺・中道通りへ
是非、お越し下さい。
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2010-08-23 11:41 | 展覧会情報
Kの選択 陶ISMが吉祥寺にやって来る
2010年8月18日(水)~ 29日(日)、 吉祥寺 poooL、gallery re:tail、百想の
3つのギャラリーを会場とし、 二階堂が代表を務める「陶ISM」作家41名が勢ぞろいする展示会、
“Kの選択 ~吉祥寺が選んだ大人の暮らし~”が開催されます。

c0217735_0165296.jpg


http://sara-ya.com/k_selection.html

若手陶芸家の大展示会「陶ISM」を大々的にフィーチャーしたこの展示会、
陶ISMと一品更屋、gallery re:tail の3者がタッグを組み、
岡田和弘、wagashi asobi、酒器道楽と、二階堂とは関係が深いメンバーが協力。
さらには、有名デザイナーも参加決定!

二階堂をはじめ、7名のセレクト作家による企画展「くらしな展」、
34人の陶芸作家が参加する陶ISMのオフサイト企画「陶ISM東京」の
2つの展示会を中心に、「オープニングパーティー」「お茶会」
「日本酒会」の3つのイベントを行います。

在廊作家も多数。8月の吉祥寺はヤバい!

◆2つの展示会◆

選択1 くらしに名のある道具を使ってみるという選択
「くらしな展」 http://sara-ya.com/kurashina.html

c0217735_0175475.jpg


 開催日 :2010年8月18日(水)~ 29日(日) 24日は休廊
      12:00 -19:00(最終日は18:30まで)
 展示会場:「poooL」
      東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション105

 参加セレクト陶芸家:
  二階堂明弘、服部竜也、兼行誠吾、槇原太郎、
  水垣千悦、秋永邦洋、井上塁
 
 参加セレクトデザイナー:
  フーニオデザイン 橋本潤

選択2 若手陶芸家の作品を使ってみるという選択
「陶ISM 東京 2010」 http://sara-ya.com/touism_tokyo.html

c0217735_0184157.jpg


 開催日 :2010年8月18日(水)~ 23日(月)
      12:00 -19:00(最終日は18:30まで)
 展示会場:「Gallery re:tail」(茶器・食器展示会場) 
       東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション103
      「百想」(酒器展示会場)
       東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-9 2F

 参加作家 食器:
  遠野秀子・豊田雅代・吉田丈・北川チカ・勝田恭司・
  船串篤司・hassy・伊勢貴俊・安江かえで・シマムラヒカリ・
  鈴木陽子・栢野紀文

 参加作家 オブジェ:
  松本良太・すずきたもつ・田中雅文

 参加作家 煎茶器:
  今井梨絵・前田直紀・明石拓馬・kei・中島由記子

 参加作家 酒器:
  栗谷昌克・近藤賢・庄司千晶・髙坂千春・寺村光輔・
  金溶萬・福島誠・澤岡織里部・馬川祐輔・加藤貴也・
  野田里美・小川佳子・苫米地正樹・伊佐名美子


◆3つのイベント◆ 事前参加登録・受付中

イベント1 オープニングパーティー
「山戸ユカのパーティーごはんと田中佳憲のギターライブ」
  http://sara-ya.com/k_selection_opening.html
  2010年8月18日(水) 18:00~21:00
  会場 : 「poooL」
  東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション105
  参加料金 : 2,500円
  ※ 定員に達したので、募集を〆切りました。

イベント2 名前をつけるティーパーティー
「岡田和弘のお茶会“Naming”with wagashi asobi」
  http://sara-ya.com/k_selection_chakai.html
  2010年8月21日(土)、28日(土) 各日12:00~19:00
  会場 : 「poooL」
  東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション105
  参加料金 : 2,000円
  定員 : 各日40名(4人×10組み)、計80名

イベント3 器も楽しむホームバー
「酒器道楽の日本酒会“酒の悦楽、器の粋。”」
  http://sara-ya.com/k_selection_nihonsyu.html
  2010年8月20日(金)、21日(土)、22日(日) 各日15:00~16:30
  会場 : 「百想」
  東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-9,2F
  参加料金 : 2,000円
  定員 : 各日10名様限定


c0217735_019974.jpg



==========================================================

 企画・主催 : PoooL、陶ISM、一品更屋
 プロデュース : 一品更屋
 詳細はこちら → http://sara-ya.com/k_selection.html

 【本件に関するお問い合わせ先】
 E-mail :info@sara-ya.com

==========================================================
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2010-08-17 00:22 | 展覧会情報
「Stacking」 二階堂明弘・井上塁・明石拓馬
二階堂明弘が実行委員長を務めた陶ISM。
今、陶ISMがきっかけとなって生まれた、新しい輪が広がりつつあります。

銀座の Petit luxe で開催される 「 Stacking 」 もそのひとつ。


c0217735_2204760.jpg



陶ISM実行委員長の二階堂とスタッフとして活躍した井上、
そして作家として参加した明石がタッグを組み、
現代の住環境に対し、陶器が出来ることとして「スタッキング」を再提案。

陶器の「使えるアート」としての魅力を、
収納しやすさと、重ねた時の美しさでお伝えします。

陶ISMでできたつながりは、今後もまだまだ広がりそう。
スピンアウト企画も次々に出来上がりつつあります。
見逃せません!


二階堂明弘・井上塁・明石拓馬 「Stacking」

 日時 : 2010.04.19(mon)~04.24(Sat)
      15:00~20:00 (会期中無休)
      初日、18:00よりオープニングパーティー開催 (入場無料)

 会場 : accessores de la via Petit luxe

  東京都中央区銀座3-14-2 白鳥ビル1階 小野美術画廊内
  Tel 03-3545-0203  (会場)
  Tel 090-4051-9769 (携帯)
  Fax 03-6228-4825  (事務所)

  アクセス:
  東京メトロ日比谷線 東銀座駅 A5番出口より徒歩4分
  都営浅草線 東銀座駅 A7番出口より徒歩3分
  東京メトロ有楽町線 新富町駅 A1出口より徒歩3分
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2010-04-17 22:05 | 展覧会情報
陶ISM,終了しました
c0217735_1123894.jpg
全国各地より85名の若手陶芸家が参集。好天にも恵まれ,予想を上回る来場者にうれしい悲鳴。実行委員長・二階堂明弘,大奮闘でした。ご賛同くださった皆さま,お越しくださった皆さま,どうもありがとうございました。
c0217735_1132280.jpg

[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2010-04-02 01:14 | 展覧会情報
「陶ISM」の力
若手陶芸家が集まる初のイベント『陶ISM』
実行委員長は二階堂明弘である。
85名の若手陶芸家の作品が一堂に展示される様は圧巻!

会場である「益子陶芸倶楽部・民宿古木」さんの雰囲気も相俟って、
其処彼処に熱気と力が溢れている。
精妙であり、深妙であり、奔放であり、繊細であり、
威風であり、凛々しくあり、嫋やかであり。
それぞれの気概を込めて作られた作品には、
こちらも凛として対峙しなければならぬ。

さらに交流会では宇都宮の酒販店、柏次商店さんの熱気も伝わる。
若手であるからこそ本当に美味しい日本酒を知って欲しい、と
銘醸酒を数本差し入れてくれた。
料理は鹿沼の「AN-RIZ -L`EAU」さん渾身の品々。
旨いものは言うまでもなく美しい。
このイベントに華を添える美味三昧。

器と酒と料理。そして熱き想い。
歴史が動くであろう原点に立ち会えたことは大きい。

この泉がいずれ奔流となるであろうことは想像に難くない。

c0217735_22244196.jpg
c0217735_2225193.jpg
c0217735_22253742.jpg
c0217735_2226090.jpg
c0217735_22262410.jpg

[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2010-03-25 21:36 | 展覧会情報
〈陶ISM-Field of free若手陶芸家イベント2009-〉終了!
二階堂明弘が実行委員長を勤めた若手陶芸家の祭典、陶ISMが大盛況のうちに終了しました。

参加作家85名、協賛店49店と、参加者も予想以上の多さだった上に、沢山の一般のお客様も来場され、会場は熱気に包まれました。スタッフもフル稼動で対応。大盛り上がりの2日となりました。

若手陶芸作家の作品展示をはじめ、一品更屋のお茶サロン、楽焼体験、作品ポートレート撮影会など、イベントも盛りだくさん。

夜には一品更屋がコーディネーターを務め、たち吉の伊藤さん、うつわ謙心の佐藤さん、陶庫の塚本さん、スタジオ木瓜の日野さんをお招きし、パネルディスカッションを実施。それぞれの経験から、「今、若手陶芸家に望むもの」を話していただきました。

c0217735_8225191.jpg


その後は、楽しみの交流会。栃木県鹿沼市のアンリロさんが作られた食事に舌鼓を打ちながら、真夜中まで宴が続きました。

二階堂明弘の熱い心が実現させた、陶芸家による、陶芸家のための陶芸イベント。ここでできた新しい輪が、焼き物の可能性を更に広げて行くことにつながることを願い、二階堂明弘は、また新たな活動へとつなげていきます。
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2010-03-25 08:29 | 展覧会情報