タグ:益子陶器市 ( 3 ) タグの人気記事
春の益子陶器市2011
c0217735_15434229.jpg
春の益子陶器市2011は本日5月5日で終了です。
二階堂明弘もブースを出店しています。
先日フラリと出かけたら、傍らには奥さんと赤ちゃんの姿。
ルーサイトギャラリーで会った時より、表情に精彩がありました。
安心しました。よかったです。



c0217735_15442251.jpg
やむなく制作休止中のため、
「工房に眠っていた」(本人談)旧作主体の販売となりました。
常に新しいスタイルや技法を追究する気鋭にとって、
昔つくった作品にはあまりこだわりがないのかもしれないけれど、
地元・益子土へのこだわりが二階堂の美点ではあります。
何気なく放置されていた土器的うつわの、泥まみれな風情にそそられる。
思わず一つ二つ三つ四つ……買い求めました。



c0217735_15445473.jpg
工房再建にはまだまだ苦難が続きそうですが、
実行委員長を務める〈陶ISM〉は、すでにいくつかの催しが決定済み。
詳しくは公式サイトをご覧ください。
復活に燃える二階堂をよろしくお願いします。



c0217735_15454946.jpg

c0217735_15452673.jpg
c0217735_15474311.jpg
c0217735_1546293.jpg

[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2011-05-05 15:41 | 展覧会情報
CLAY MESSAGE FOR THE FUTURE 未来を紡ぐ土の交感2009
2009年10月31日~11月4日、秋の陶器市期間、
二階堂明弘を代表とする日韓の若き陶芸作家23名が益子に集い、
協同展示を行いました。

c0217735_0592382.jpg


旧濱田庄司邸、しかも登り窯の前という、
漫画「へうげもの」をウォッチしている人なら、
思わずニヤリとしてしまう場所での展示です。

c0217735_1059.jpg


c0217735_103746.jpg


c0217735_111078.jpg


今まで、多くの人によって繋がれてきた交流の芽を、
さらに大きく育てて行きたい。二階堂の熱い思いが、
今回のこの展示の実現につながりました。

c0217735_115588.jpg


c0217735_122921.jpg


長屋門前前では、二階堂が鈴木稔さんとお店番。
参加作家の作品を販売しています。

c0217735_125927.jpg


夜になり、ワンナイトバーへ。
韓国から参加した、李在原さん、李相美さん、洪性元さんも
自己紹介をし、日韓交流の輪が広がりました。

c0217735_15717.jpg


陶芸を通して、未来に繋がる新しい交流を作る。
二階堂の情熱は、2010年3月の<陶ISM>へと引き継がれます。
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2009-11-07 00:17 | 展覧会情報
〈陶ISM〉実行委員長・二階堂明弘「今しかないんです」

益子の若手陶芸家たちによる新プロジェクト〈陶ISM〉が発進しました
実行委員長・二階堂明弘が語る〈陶ISM〉とは?
YouTubeでインタビュー公開中です





来年3月開催予定の〈陶ISM〜Field of free 若手陶芸展2009〜〉に先立ち、
〈陶ISM〉プロジェクトは、10月31日(土)より5日間、
〈CLAY MESSAGE FOR THE FUTURE 未来を紡ぐ土の交感2009〉を敢行
恒例・秋の陶器市で賑わう益子に、日韓若手交流展などが出現します
実行委員長・二階堂の獅子奮迅にご期待ください




〈CLAY MESSAGE FOR THE FUTURE 未来を紡ぐ土の交感2009〉

会期:2009年10月31日(土)〜11月4日(水) 益子秋の陶器市期間中
会場:陶芸メッセ・益子
   栃木県芳賀郡益子町大字益子3021
概要:   
 日韓参加作家による作品展示:旧濱田庄司邸前広場
 招待作家によるワークショップ:11/1〜11/2 陶芸工房前・テント使用
 テントでの参加作家の作品販売:長屋門前
 交流レクチャー:11/1 別会場にて
参加作家:
 韓国:李在原 李相美 洪性元
 日本:井上塁 今井梨絵 伊澤礼子 伊藤剛俊 伊藤丈浩 
    岩見晋介 勝田恭司 川島いずみ 金溶萬 栗谷昌克 
    高坂千春 近藤賢 鈴木稔 竹下鹿丸 田村一 豊田雅代
    二階堂明弘 林さとみ 吉沢奈保子 吉田丈
 


[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2009-10-28 01:15 | 展覧会情報