タグ:ギャラリーfuuro ( 4 ) タグの人気記事
二階堂明弘展@目白・Fuuro
いつもの如く。
いつもと異なり。

変わらずにあるもの。
変化(へんげ)するもの。

大胆にして繊細。
柔和にして鋭敏。

如何なる言葉で表そうとも、
二階堂明弘の作品は、常に、確と、存在している。

ぜひともご高覧いただきたく!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あめをうけるうつわ」

1Fでは新作の器たちを展示
2Fでは二階堂が、いま心と体で受け止めていることを、
“ものをいれる=受け止める”器を通して表現します。

◇会期: 2012/3/3(土)~11(日)12:00~19:00 最終日17:00
         会期中無休

◇作家在廊日: 3(土) 4(日) 10(土) 11(日)

◇会場 :目白・Fuuro
    〒171-0031 東京都豊島区目白3-13-5イトーピアカレン1F
    TEL: 03-3950-0775

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0217735_1357314.jpg
c0217735_1358233.jpg
c0217735_13583395.jpg
c0217735_13593214.jpg
c0217735_1404127.jpg

[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2012-03-04 14:01 | 展覧会情報
二階堂明弘 作陶展 FUURO
12月、毎年恒例の二階堂明弘作陶展が、
今年も目白のギャラリーFUUROで行われます。

c0217735_21423559.jpg


2009年は10月に実施され、土を固めたオブジェを展示。
陶芸展としては新しいアプローチとして好評でした。

2010年、今年は12月。
毎回、展示会ごとに新しいことに挑戦する二階堂。
今回も、写真家・渞 忠之の写真と合同展示という、新しい展示に挑戦。

新たな境地に突入する器ワークスは勿論のこと、
来年の干支である兎の土偶器も登場。
今なぜ「民芸」そして「置き物」なのか?こちらは必見!

写真の中の作品と、工房の写真と、現実の作品。そして、器、置き物。
複雑に入りこんだ視点が絡み合う、異色陶芸空間を体験ください。



二階堂明弘 作陶展

2010年12月15日(水) - 25日(土)
12時 - 19時 最終日17時迄

ギャラリー FUURO
豊島区目白3-13-5 -1F
03-3950-0775

オープニングパーティー 15日 17時~19時
作家在廊日 15日(水) , 18日(土) , 19日(日) , 23日(木)
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2010-12-13 21:44 | 展覧会情報
「つち・て・わ」 終了、そして展示会はまだまだ続く

目白・ギャラリーFUUROの二階堂明弘展「つち・て・わ」、無事終了しました。

搬出後は、目白の居酒屋にて、仲間内でささやかな打ち上げ。

c0217735_23532148.jpg


さて、二階堂明弘の展示はまだまだ続きます。年末・年始と大忙しです。


CLAY MESSAGE FOR THE FUTURE
未来を紡ぐ土の交感 2009


 10月31日~11月4日

 陶芸メッセ・益子陶芸工房前 野外展示

 韓国より若手陶芸家を招聘し、交流をはかります。
 土を使い、物を造り出すのは、国、民族が違えど共通すること。
 陶芸を通しての交流から、若者達が未来を紡ぐ、繋がりを創る展示会です。

 二階堂明弘は、本展の実行委員長を務める他、
 会場近くに鈴木稔氏とテントシェアをし、展示も行います。


へうげ十作 ISETOYAN〜へうげもの@伊勢丹

 11月11日~24日

 言わずと知れた、今、陶芸界で最も注目を集める、
 漫画と陶芸作品のコラボ展示会。


青梅 井中居 二階堂明弘 個展

 11月11日~16日

 花器を中心にうつわも発表予定。


うつら・わ・ば

 11月21日

 うつわ謙心プロデュース。
 BARを舞台にした、音楽、花、陶芸のワンデイ・イベント。

 詳細はうつわ謙心ホームページで
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2009-10-22 23:54 | 展覧会情報
二階堂明弘 展「つち・て・わ」、目白・ギャラリーFUUROにて開催中
c0217735_4464038.jpg
北海道は札幌で生まれ育ち、土に親しんだ二階堂明弘は、
栃木県益子で日々「土味」を追究しています
ただいま目白・ギャラリーFUUROで開催中の個展では、
地元の土を数種類運び、会場で展示台として形成
大地への感謝と愛着を彼なりに表現しました


c0217735_4454585.jpg
c0217735_4495459.jpg
今回、益子伝統の七釉の一・並白による新作に挑戦
本来は下地である透明釉を主役として用い、
素朴な風合いの内に現代的な彩りを加味
二階堂ならではの斬新な試みが光ります
シンプルな器をお好みの向きには特にオススメです


c0217735_4482098.jpg
c0217735_449770.jpg
その他、二階堂の代名詞たる「土器」、超絶薄手の焼き締め、
鉄釉をくりかえし丹念に施した「錆器」など、
民藝の里・益子の自然に育まれた力作多数
土の申し子・二階堂明弘の作品群を存分にご覧いただき、
普段使いの切り札にぜひひとつ加えてください〈M〉



c0217735_4473356.jpg
【二階堂明弘 展「つち・て・わ」】

会期:2009年10月16日(金)まで
会場:目白・ギャラリーFUURO
   東京都豊島区目白3-13-5 イトーピア目白カレン1F
   JR山手線目白駅下車 徒歩2分
営業時間:11:00〜19:00 会期中無休 最終日17:00閉廊
在廊日:10月12日(月)・16日(金)
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2009-10-12 04:51 | 展覧会情報