タグ:うつわ謙心 ( 3 ) タグの人気記事
『二階堂明弘展』:うつわ謙心
常に動き、常に深化する二階堂明弘の個展が、
青山学院大学近くの「うつわ謙心」にて開催中である。

焼締中心の今回の展示だが、
いずれも彼の魅力が溢れている。
特に白い焼締に秘められた繊細と剛毅が煌めく。

6月12日(火)までの開催、
ぜひご高覧を!


『二階堂明弘展』
☆会期:6月7日(木)11:00〜6月12日(火)最終日17:00まで
☆会場:うつわ謙心 東京都渋谷区渋谷2-3-4 スタービル青山2階


c0217735_1962852.jpg

c0217735_197078.jpg

c0217735_1971636.jpg

c0217735_1973446.jpg
c0217735_1974881.jpg
c0217735_1983983.jpg
c0217735_1985399.jpg
c0217735_199957.jpg
c0217735_1992767.jpg
c0217735_1994011.jpg
c0217735_1995264.jpg

[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2012-06-10 19:10 | 展覧会情報
『二階堂明弘展』
この涼やかな風の中、青山に二階堂明弘の器が並ぶ。


『二階堂明弘展』6月7日(木)~12日(火)最終日17時まで


☆会期:6月7日(木)11:00〜6月12日(火)最終日17:00まで
☆会場:うつわ謙心 東京都渋谷区渋谷2-3-4 スタービル青山2階


☆うつわ謙心さんからのコメントです。

 当店では、企画展に何度か参加して頂いていますが、
 個展は初めてになります。

 『二階堂明弘 展』 やきしめ作品を中心に展示していただきます。
 しかし、錆器や益子青磁なども展示予定ですのでご安心くださいませ。
 二階堂明弘氏のやきしめ作品はフォルムも使いやすさも抜群。
 やきしめの器が苦手なん方でも手に取りたくなり作品です。
 そして、手捻りと轆轤の違いも感じて下さい。

 自然と手に馴染む二階堂明弘氏の作品。
 是非、ご高覧下さいませ。

☆作家在廊:9日(土)・10日(日)


---------------------------------------------------------------------------------------
【イベント】9日(土)
『うつらわ・ば』~うつわ・はな・おとの一期一会~

 ¥2.000-(1drink)
 開場:18:30
 1st 19:00~ // 2nd 20:00~

 ・うつわ:二階堂明弘
 ・はな:今井蒼泉/龍生派 http://www.so-sen.net/
 ・おと:koyu http://www.suzukibass.com/

 □会場:cafe&bar brim http://brim.project-park.net/
*ギャラリー同ビル1階

この機、逃すべからず!
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2012-05-30 20:25 | 展覧会情報
うつらわ・ば 渋谷宮益坂上 Bar L’atelier のハードボイルドワンダーランド
ロックグラスの底のほうには、人生の苦味と、
ちょっとした楽しみが沈んでいるらしい。

c0217735_19273235.jpg


もちろん、僕はそれを見たことがあるわけではないし、
ましてや、見たいと思っているわけでもない。
ただなんとなく、そんな言葉が思いついただけだ。

11月21日、土曜日。晴れ。
この日、246から一本入ったBarで、
その集まり、「うつらわ・ば」が開かれた。

それは、青山の器屋、うつわ謙心がプロデュースする、
うつわ、はな、おとがまぐわう集いだ。


第2回となった今回の「うつらわ・ば」に集った同朋衆は、
花・今井蒼泉、おと・koyu、そしてうつわ・二階堂明弘。

窯から取り出されて、仕上げを行ったら完成というのが陶器。
はたして、花と音に重なる時、器はどのような美を奏でるのか。
二階堂が見守る中、その密儀が始まる。

c0217735_1928363.jpg


エフェクトがかけられたベース音の中、
今井蒼泉が器との対話を始める。

c0217735_19284277.jpg


ハーモニーとノイズ。
電子レンジのアラームや、グラスを傾ける音。
koyuが音で作り上げたBarの空気が、
器と花に新しい生を与える。

c0217735_19285877.jpg


カウンターに花が咲き、
観客はアルコールの心地よさと共に、
ケースから取り出されたばかりのチーズのような、
新しい形を楽しんだ。

c0217735_19292179.jpg


「時間の中にある器を楽しめた」
二階堂の言葉から、次の楽しみが生まれそうな予感。
来年も、苦くて楽しくなりそうだ。

ボーモアを。
ロックで、もう一杯。

c0217735_1930115.jpg

[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2009-11-22 19:34