カテゴリ:プレスリリース( 1 )
「境界線 二階堂明弘の器と一品更屋の見立て」 開催のお知らせ
大盛況に終わった、へうげ十作 ISETOYAN 。

お越しいただいた皆様、二階堂作品をお買い求め
いただきました皆様、まことにありがとうございました。
終わってみれば一番人気だったらしく、本人曰く「怖え~」とのこと。

現在、燃え尽き症候群のため、真っ白になっている二階堂。
しかし、人気作家に休みはありません。

次の展示も、また凄いことになります。


境界線  二階堂明弘の器と一品更屋の見立て

2010年1月19日(火)~26日(火)
ギャルリーワッツ

c0217735_044323.jpg


土の持つ力を最大限に引き出し、シンプルだが奥深い作品を造る、
注目の若手人気陶芸家、二階堂明弘。
現代の侘数寄を自由な発想で提案する侘数寄ユニット、一品更屋。

独特の個性を持つ一人と一組が、南青山のギャルリーワッツで、
それぞれの境界線をクロスオーバーさせるコラボレーション展示会
『 境界線 二階堂明弘の器と一品更屋の見立て 』 を開催します。

国境、人種、貧富、宗教、性別。科学や文明が発展した現代においても、
私達は、目に見えない「境界線」に縛られて生きています。
自分を守るものとしても存在している境界線は、客観性をもたらし、
区別を容易にするものとして機能しますが、別の場面では
排除・排斥・差別をもたらすものともなります。

二階堂明弘と一品更屋は、「線」としてイメージされる「境界線」を、
異質なものの接点に生じる「曖昧模糊なもの」であるという再認識を通し、
その「不明確さ」を明確にし、二階堂明弘と一品更屋、それぞれの「境界線」を
クロスオーバーさせることにより、その意味を改めて問いかける試みを行います。

二階堂明弘は、虚飾を廃することにより益子の土の持つ力を極限まで
引き出した器を展示。人気の高い茶碗や食器を中心とし、今回初登場となる
野点用の茶碗や茶入も販売する予定です。
一品更屋は、茶道具に見立てた、パリ・南仏・日本の古道具、
一品更屋好みの意匠を行った製品、境界線をイメージした絵画作品の
展示・販売を行います。

二階堂明弘の茶器と一品更屋の見立て道具は、
好きなものを取り合わせてご購入いただけます。

また、期間中24日(日)は、限定3組6名様のみをお招きし、現代茶事を行います。
二階堂明弘の茶器を使い、一品更屋が亭主を務め、ギャラリーを茶室に見立てた
茶事になります。創作和菓子ユニット wagashi asobi が、ゲスト参加。
展示会のタイトルでもある「境界線」を主題とし、体感できる、
参加型インスタレーションとなる予定です。

詳細情報は、本二階堂明弘 公式応援Blogか、
一品更屋Webサイトで案内を行う予定です。

【特別展示】 二階堂明弘、一品更屋の接点でもある「へうげもの」
(講談社 週刊モーニング連載に好評連載中の、古田織部を主人公とした漫画)の
単行本展示もあります。



境界線  二階堂明弘の器と一品更屋の見立て
2010年1月19日(火)~26日(火)
12:00 -19:00 (最終日は17:00まで)

ギャルリーワッツ
東京都南青山5-4-44 ラポール南青山♯103
03-3499-2662
http://www.wa2.jp
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2009-11-26 00:07 | プレスリリース