カテゴリ:未分類( 3 )
山田芳裕『へうげもの』第10服刊行記念祭〈MEGYUWAZO〉出品中
c0217735_0233463.jpg
c0217735_0235397.jpg
昨年来、二階堂が深く係わる『へうげもの』
若手激陶者集団〈へうげ十作〉の中心メンバーとして、
〈境界線〉との掛け持ちで表題の催しにも全力投球しました



c0217735_0245436.jpg
浅草橋・ルーサイトギャラリーでは、炉を設えた和室をほぼ占拠
代官山・マンガートビームスTでは、アパレルともコラボ
陶芸、やきものの「境界線」を大胆に踏み越え、活動の幅を一気に広げています



c0217735_0255854.jpg
ことにマンガートビームスTは、同店にとっても初めてのうつわ展
『へうげもの』複製原画&Tシャツに伍して、
二階堂、益子の僚友・田村一、美濃の窯大将・青木良太の作品が多数
違和感を覚えるか、斬新と感じるか、まさにひとつの境界線
個人的には実にユニークなギャラリーの誕生ではないかと思う次第



浅草橋は1月29日(金)まで、代官山は2月7日(日)まで、それぞれ開催中
二階堂明弘の〈境界線〉は果てしなく続きます
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2010-01-27 00:26
うつらわ・ば 渋谷宮益坂上 Bar L’atelier のハードボイルドワンダーランド
ロックグラスの底のほうには、人生の苦味と、
ちょっとした楽しみが沈んでいるらしい。

c0217735_19273235.jpg


もちろん、僕はそれを見たことがあるわけではないし、
ましてや、見たいと思っているわけでもない。
ただなんとなく、そんな言葉が思いついただけだ。

11月21日、土曜日。晴れ。
この日、246から一本入ったBarで、
その集まり、「うつらわ・ば」が開かれた。

それは、青山の器屋、うつわ謙心がプロデュースする、
うつわ、はな、おとがまぐわう集いだ。


第2回となった今回の「うつらわ・ば」に集った同朋衆は、
花・今井蒼泉、おと・koyu、そしてうつわ・二階堂明弘。

窯から取り出されて、仕上げを行ったら完成というのが陶器。
はたして、花と音に重なる時、器はどのような美を奏でるのか。
二階堂が見守る中、その密儀が始まる。

c0217735_1928363.jpg


エフェクトがかけられたベース音の中、
今井蒼泉が器との対話を始める。

c0217735_19284277.jpg


ハーモニーとノイズ。
電子レンジのアラームや、グラスを傾ける音。
koyuが音で作り上げたBarの空気が、
器と花に新しい生を与える。

c0217735_19285877.jpg


カウンターに花が咲き、
観客はアルコールの心地よさと共に、
ケースから取り出されたばかりのチーズのような、
新しい形を楽しんだ。

c0217735_19292179.jpg


「時間の中にある器を楽しめた」
二階堂の言葉から、次の楽しみが生まれそうな予感。
来年も、苦くて楽しくなりそうだ。

ボーモアを。
ロックで、もう一杯。

c0217735_1930115.jpg

[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2009-11-22 19:34
二階堂明弘@へうげ十作『ISETOYAN』、11月24日まで!
新宿は伊勢丹にて、大好評、
大盛況開催中のへうげ十作 『ISETOYAN』 。
残り3日となっても、会場の熱気は冷めやらず。
沢山のお客様がお目当ての一品を求め、品定めをしております。

c0217735_18155453.jpg


会場を飾るシマダヒデアキ氏のへうげグラフィックスも絶好調。

c0217735_1816331.jpg


c0217735_18165438.jpg


二階堂作品は新規開店の旅館のオーナーによる
「大人買い」をはじめ、大勢のファンの皆様、
新規開眼したお客様にお求めいただき、想像以上の売れっぷり。

急遽補充にもかかわらず「残りわずか」状態となっております。
とはいえ、作品の質にこだわる二階堂、まだまだ掘り出し物が残っております。

特に気合の入った益楽茶碗は、この秋冬人気のアイテム。

c0217735_18172617.jpg


新年を迎えるにあたっては、雪原が初日の出に輝くが如き、
ミスト金彩茶碗が喜ばれるのではないかと。

c0217735_18203012.jpg


残り2日、まだご覧いただいていない皆様、是非足をお運びください!
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2009-11-22 18:22