「陶ISM」の力
若手陶芸家が集まる初のイベント『陶ISM』
実行委員長は二階堂明弘である。
85名の若手陶芸家の作品が一堂に展示される様は圧巻!

会場である「益子陶芸倶楽部・民宿古木」さんの雰囲気も相俟って、
其処彼処に熱気と力が溢れている。
精妙であり、深妙であり、奔放であり、繊細であり、
威風であり、凛々しくあり、嫋やかであり。
それぞれの気概を込めて作られた作品には、
こちらも凛として対峙しなければならぬ。

さらに交流会では宇都宮の酒販店、柏次商店さんの熱気も伝わる。
若手であるからこそ本当に美味しい日本酒を知って欲しい、と
銘醸酒を数本差し入れてくれた。
料理は鹿沼の「AN-RIZ -L`EAU」さん渾身の品々。
旨いものは言うまでもなく美しい。
このイベントに華を添える美味三昧。

器と酒と料理。そして熱き想い。
歴史が動くであろう原点に立ち会えたことは大きい。

この泉がいずれ奔流となるであろうことは想像に難くない。

c0217735_22244196.jpg
c0217735_2225193.jpg
c0217735_22253742.jpg
c0217735_2226090.jpg
c0217735_22262410.jpg

[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2010-03-25 21:36 | 展覧会情報
<< 永田町偕香園 「gate」 で... 〈陶ISM-Field of ... >>