CLAY MESSAGE FOR THE FUTURE 未来を紡ぐ土の交感2009
2009年10月31日~11月4日、秋の陶器市期間、
二階堂明弘を代表とする日韓の若き陶芸作家23名が益子に集い、
協同展示を行いました。

c0217735_0592382.jpg


旧濱田庄司邸、しかも登り窯の前という、
漫画「へうげもの」をウォッチしている人なら、
思わずニヤリとしてしまう場所での展示です。

c0217735_1059.jpg


c0217735_103746.jpg


c0217735_111078.jpg


今まで、多くの人によって繋がれてきた交流の芽を、
さらに大きく育てて行きたい。二階堂の熱い思いが、
今回のこの展示の実現につながりました。

c0217735_115588.jpg


c0217735_122921.jpg


長屋門前前では、二階堂が鈴木稔さんとお店番。
参加作家の作品を販売しています。

c0217735_125927.jpg


夜になり、ワンナイトバーへ。
韓国から参加した、李在原さん、李相美さん、洪性元さんも
自己紹介をし、日韓交流の輪が広がりました。

c0217735_15717.jpg


陶芸を通して、未来に繋がる新しい交流を作る。
二階堂の情熱は、2010年3月の<陶ISM>へと引き継がれます。
[PR]
by nikaidouakihiro1 | 2009-11-07 00:17 | 展覧会情報
<< へうげ&おうめ 展示会ダブル開... 〈陶ISM〉実行委員長・二階堂... >>